食べてきれいになる常識

快適で明快な解決策は

とにかく痩せたい!

ダイエットを決意する人は、オーバーウェイトによって見た目が変わってしまっていたり、お気に入りだった服が入らなくなってしまったりと、いろいろな理由がありますね。
単純に体重を落としたいのであれば食べなければいいわけで、日常生活で消費するエネルギーをすでに蓄えてある脂肪分から使っていけば痩せる、という、少々乱暴な理論も成立します。
でもこれは現実的ではありません、
そこで、1日3食のうち1食をダイエットフードなどに置き換えて減量を試みる方法があります。
これは比較的有効なのですが、食欲が抑えられない場合は、空腹を我慢することでイライラし、逆に暴飲暴食に走ってしまう事もあります。
自分に合った減量スタイルを見つけることが必要です。

急いで減量

体重を落とす方法だけでなく、実施する期間も大切です。
短期間で急激に痩せることで、体にも精神的にも負担が大きくかかり、体調を崩したり、リバウンドして以前よりも体重が増えてしまった、なんていう話を聞くこともよくあります。
早く結果を出したいとつい焦ってしまいますが、減量はなだらかな右肩下がりが理想だと言われています。
途中で体重が落ちなくなる停滞期を迎えても、誘惑に負けずに諦めないような工夫ができると良いですね。
ちょっとした減量なのか、大幅なダイエットなのかにもよりますが、長期的に計画することが必要です。
短期間で痩せても、顔色が悪かったり病気になってしまっては意味がありません。
達成後何をしたいのか、そのためにできる減量を考えたいですね。


TOPへ戻る